PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
人気の記事
ブログパーツ
あわせて読みたいブログパーツ
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに
ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに (JUGEMレビュー »)
シェル・シルヴァスタイン,倉橋 由美子,Shel Silverstein
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

OffBeat☆OffTime

通勤時間や休憩中、休日などオフビートなオフタイムの日常をつづります。※只今、プレ公開中!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
会議を面白くする方法? ---『すごい会議−短期間で会社が劇的に変わる!』
なかなか前に進まない会議に頭を痛めることがたびたびあります。
多分、どこの会社でもそこら辺の状況は似たり寄ったりではないでしょうか?

去年、『会議で事件を起こせ!』という本を読みまして、これがなかなか参考になったのですが、今回読んだ『すごい会議』も、ちょっと参考になりました。

中でも、"問題を「どのようにすれば?」に置き換える"というくだりが興味深かったです。

「会社が面白くない」ではなく、それを「どのようにすれば会社が面白くなるか?」に言い換えると、自然に問題を考えることになる。言われてみれば、そうかも知れません。

それとこの本は、会議のノウハウというだけでなく、ベンチャーのサクセスストーリーにもなっていて、そこも面白く読めました。


JUGEMテーマ:ビジネス


| Books | 12:47 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
行列ができる店はどこが違うのか―飲食店の心理学 (ちくま新書 664)
飲食店の経営戦略をテーマにした本ですが、それ以外の業種についても、結構、参考になりそうなことが書いてあります。

中でも「第4章 脚本+演出+役者」が興味深い内容でした。
経営戦略を映画や演劇のシナリオになぞらえて、目的を設定しそこに至る道のりを逆算して戦略を練る。「なるほど」という感じです。

読みやすく書かれた一冊ですので、わりとサラっと読めて良い感じです。
JUGEMテーマ:本の紹介


| Books | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SFドラマへのお誘い。 ---『バトルスター・ギャラクティカ』
最近、CSで毎週見てます。
『スターウォーズ』にハマって以来、SF作品が子供の頃から大好きなのですが、この『バトルスター・ギャラクティカ』は、今、一番、オススメです。

人間とロボットの戦いを描いているのですが、そういう種類のSF作品はそう珍しくもないと思います。『ギャラクティカ』の肝は、既に人類が滅亡寸前に追いやられていて、生き延びる為のサバイバルを繰り広げているところです。

遠い未来を舞台にしたSFでありながら、普遍的な人間ドラマを展開している点が、非常に熱いです。

JUGEMテーマ:海外ドラマ


評価:
エドワード・ジェームズ・オルモス,メアリー・マクドネル,ジェイミー・バンバー,ケイティ・サッコフ,グレイス・パーク,ジェームズ・キャリス,トリシア・ヘルファー
アミューズソフトエンタテインメント
¥ 9,946
(2008-05-23)
| Drama | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
正しい批判の仕方? ---けなす技術
ブログを書いている人のことはブロガーと言います。
中でも世間への影響力の強いブロガーを、アルファブロガーと言います。
切込隊長こと山本一郎氏という人は、飛びっきりのアルファブロガーです。

僕も「切込隊長BLOG」は結構読んでいるのですが、やっぱり、ちょっと他のブログとは一線を画しているように思います。

まず、単純に文章量が多い。
アルファブロガーの中でも、特にタレントさんのブログの中には、数行、下手すると一言だけで終わってるようなブログも少なくないので、とりわけ目をひきます。

しかも、その内容は極めて論理的で、どちらかと言えば、批判的な色を持ったものも多いのですが、不思議とじっくり読んでしまいます。

この本の中で、山本一郎氏は、
けなすといっても、何の目的もなく「バーカ」と書き綴ることは何の生産性もない。むしろ、何か問題があって、それの改善を促す方法論を提示することがけなす技術の根幹にあるはずだ。
と書いておられます。

この精神というのは、僕もブロガーの端くれとして、あるいは普通に社会人として、見習いたいとことです。

JUGEMテーマ:本の紹介


評価:
山本 一郎
ソフトバンククリエイティブ
¥ 1,575
(2005-03-23)
| Books | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中嶋一貴 開幕戦オーストラリアGPで6位入賞
中嶋一貴が今年のF-1開幕戦で6位入賞を果たしました。

僕が本格的にF-1にハマっったのは、1990年。中学生の頃でした。
当時、「週刊少年ジャンプ」でさかんにF-1ブームを煽っていて、見事に僕はそこに乗せられました。

で、やっぱり僕も日本人ですから、当然、日本人ドライバーを応援していたわけで、僕にとって中島悟は本当にまぶしい存在でした。

今もまだ持っていますが、嵐山のF-1グッズのショップで買ったティレル時代の中島悟の下敷きを愛用してたんです。

そんな中島悟が、1991年、オーストラリアGPで引退した時に、テレビの前で泣いたもんです。

あれから17年ですか。
物凄く、時の経つのを早く感じました。

何せ中島悟の息子が、同じオーストラリアGP。メルボルンで走ってるわけですから。

今年は久々にじっくりとF-1を追いかけてみようと思います。


JUGEMテーマ:2008F-1グランプリ


| Sports | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
COOL JAZZ COLLECTION
昨日に引き続き奥さんに買ってもらったシリーズです。
先日、デアゴスティーニから創刊された『COOL JAZZ COLLECTION』を買ってもらいました。

毎週、1人ずつジャズプレーヤーを特集し、CDも付いています。
創刊号ではマイルス・デイビスが取り上げられています。最近はボーカル物やビッグバンドを聴くことが多かったのですが、やっぱりマイルスは良いですね。またしても「こだわりな人」気分に浸れます。

2号でビル・エヴァンス。3号でコルトレーンとラインナップが続きます。個人的には5号のソニー・ロリンズが楽しみです。ジャコ・パストリアスとかハービー・ハンコックが好きなので、そこら辺も是非。

もともと、学生時代の仲間の影響で、ジャズを聴くようになりました。
それから数年経ちましたが、ジャズについての造詣は未だに入門のままです。この機会に改めてジャズにハマってみようと思います。




JUGEMテーマ:ジャズ


| Music | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブックダーツ
ブックダーツ使用イメージ本を読んでいて、後から読み返したいポイントには、栞や付箋を使うわけですが、僕は奥さんに買ってもらった「ブックダーツ」というアイテムを愛用してます。

言ってみれば、金属製の付箋です。
栞と違って、ページの「どこの行か?」というところまで指定できることと、付箋と違って使い捨てではないので、ちょっとエコなところが機能面でのメリットです。


でも、最大のメリットは何かこれを使ってることで、ちょっと「こだわりの人」気分になれるコトですね。




| Stationery | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |